2017年9月19日火曜日

テラコヤ定期ライブ1周年

思い返せば昨年の今頃にツイートしたきっかけで

FM石垣さんさんラジオのミヤタクが連れて行ってくれたお店

テラコヤさん


一年が経つなんて早いものです


店主のヤッシーさんやミヤタク共々この一年でいろんな変化があり


人生が共に交差している感じです


それはそうと、JTAさんの機内で9月〜10月はオオゴマダラが聴けますよ





沖縄県の蝶々を選定してるらしく、オオゴマダラが有力候補らしく、

沖縄県指定の蝶々となったなら、

このオオゴマダラをテーマソングにしてくださいと勝手に言い始めてます

関係者の方からわざわざ機内プログラムとCDを送っていただき感謝です


そして11月にはカヌチャリゾートで演奏させてもらえますよー!


2017年9月10日日曜日

劇団ウルトラマンション

先日に劇団ウルトラマンションの俳優、伊藤高史さんから問い合わせがあり、

彼が手がけた「なんくるサーファー」の挿入歌に
「小さな島のある物語」と「月と後の十三夜」を使ってもらってます!

しかもご丁寧にDVDまで送って頂きとても嬉しい!

そして、とても面白かった!

 ぜひとも生で観てみたい

伊藤高史さんは「進ぬ!電波少年」でヒッチハイクの旅をしていた

チューヤンが相方の「朋友」というコンビを組んでいた方でした!

僕が高校時代にテレビで良く観ていました。


そして定期ライブのお知らせです

早くも10回目を迎えるテラコヤでのライブ

昨年の九月から演奏させてもらっているので

約一年が過ぎます

この間に、二つの大きな不幸があったけど

たくさんの小さな幸せのおかげで人生やっていけています



2017年9月3日日曜日

馬には乗ってみよ人には添うてみよ

9月4日月曜日

旧盆の中日

久しぶりにアルテ崎山さんでのイベントです


お盆の中日にライブといえば石垣島でのタニファを思い出す

みんな元気かなぁ


ということで、お盆だけど意外と暇な人は遊びに来てください




2017年8月28日月曜日

一年

テラコヤさんを紹介してもらい

早一年が経ち

定期ライブをさせてもらい

約一年が経ちます


ライブのお客さん少なくてお店大丈夫かなと思うけど


甘えさせてもらってます


一見さんお断りのテラコヤさん

幅広いジャンルで活躍しているお客さんと出会える場


いろんな奇跡が起こる場所です

https://www.cafebarterakoya.com/

2017年8月20日日曜日

命について考える

6月に母親が脳梗塞で倒れ

一命は取り留めたものの

右脳がやられて左半身麻痺が残り

7月いっぱいは八重山病院に入院していました

8月1日に沖縄本島の病院に転院して

リハビリ入院となっております


3日には豊年祭で島に帰り

5日にまた本島に戻って病院通いが続いてます


母親は運が良く、

スーパーで買い物中にフラフラしていたところ、救急車を呼ばれたそうです

さらに八重山病院に5月から勤務していた医者が東大病院の脳神経専門のドクターで

従来は石垣島で行えなかった脳外科手術が可能ということで

緊急手術することができました

少しでも歯車が狂っていればもしかしたら命を落としていたかもしれない


自分にも子供ができて親の心を知ったのですが

半身麻痺になり自由に動けない母親を見て

僕を産み育ててくれたことについて感謝の気持ちが溢れ

僕にできることは全部やってあげようと思いました

定年退職してやっと自分の好きなことができるようになったのに

健康に人一倍気を使っていたのにこんなことってあるのかと

悔しい思いもあり

しかしながら命があっただけでもと

人生や命について色々と考えています

2017年7月14日金曜日

テラコヤ定期ライブvol.8

テラコヤさんで定期ライブさせてもらって

もう8回目

継続は力なり



JTAの飛行機内で

花のカジマヤー

を放送してもらっています

乗った方はぜひ聴いて下さい

http://www.churashima.net/jta/shopping/img/1707music.pdf


2017年7月2日日曜日

JTA機内放送

7月からJTAさんの飛行機機内で花のカジマヤーが聴けますよー


97歳の長寿を祝うお祭りがカジマヤーですが、

意味は風車のこと

97歳まで生きた人は一度子供に戻って

赤いちゃんちゃんこと帽子を被り、

手には子供が遊ぶ風車を持ち

もう一度人生が風車のようにぐるぐると回る

そんな意味があるそうです


還暦もそんな感じですね


なぜ97歳かというのは、

そのむかし天の神様が大地の神様から土を借りて泥人形を作り

そこに魂を吹き込んで人間を作ったそうです

土を借りた期間が100年だったのだけど

閏年の関係で97年で返却することとなり困ったが

もう一度子供に戻すからまた土を貸してくれと頼んだことが起源となっているようです


このお話は日本の昔話に似たような話があり

とても興味深いです

http://www.churashima.net/jta/shopping/img/1707music.pdf

あと、この機会を作ってくれた前の職場の仲真さんに感謝です。